整体師の資格を習得しておけば就職先の幅も広がる

人の体を整える仕事

男女

ニーズの高さが魅力

日本人は世界でも働き者と言われています。病ではないが体の疲労感や慢性的な肩こりや腰痛に悩む人が多いです。リラクゼーションや体の不調を取り除くのに、整体院が活用されています。整体院を求める人は多く、多くの店ができています。求められる仕事であるので、目指す人も多くいます。人の不調を取り除き、生活を支えるやりがいの高さが整体師の魅力と言えます。整体師を目指す人が多いのには、資格のとりやすさもあります。整体師になる為の資格は特になく、すぐに名乗る事ができます。しかし、信頼関係が重要な仕事であり、確かな技術を有する証明がないと、人は付きません。その為、整体師を目指す人は専門学校や協会が開催する講習で認定資格を得ます。とりやすい資格な事もあり、付加価値として柔道整復師や鍼灸師等、目指す人も多い資格です。

働く為のルート

整体師になる為には、特に資格は要りません。その為すぐに始められたり転職しやすい仕事と言えます。整体師に必要なのは技術と知識。それらは働きながらの方が得やすいと、整体院に就職して学ぶ人も多いです。就職しやすい様に、認定資格を得てからと考える人もいます。資格を得る方法は整体院や協会が開催している講座を受講する方法と、学校に通う方法があります。講座は短期間で3日ないし1週間で、費用も学校より安く、認定資格を得る事ができます。学校を選ぶ場合、学費が必要です。平均2年制の専門学校が多く、1年間の学費は100万円程掛かります。学校では医療的知識と施術方法を学びます。卒業により整体師の認定資格を得る事ができます。自身の状況により選べる様々なルートがあります。就職は学校卒業がしやすいです。就職の斡旋もしてくれる事も選ばれる大きな理由の1つです。

資格取得にも適した学校

男の人

医療系の専門学校を卒業すれば、就職率も高く、さまざまな専門知識が身につく学校として人気が高くなっています。大学よりも学費が安く設定されており、早く働き始めたい人にも最適な学校として選ぶ人が増えているジャンルです。

More Detail

欧米でも注目される治療法

鍼灸

鍼灸は中国に起源がある治療法で日本でも独自に発展が続いたものです。欧米でも注目されていて、内因性の病気には効果的です。日本では肩こりや神経痛などが健康保険の取り扱い対象となります。また、資格取得には専門課程を修了後、国家試験に合格する必要があります。

More Detail

どこで学ぶと良いのか

勉強するレディ

3年制と4年制がある訳ですが、早く実践したい人は看護の専門学校が良くなり、じっくり勉強をしてからと言う人は、大学を卒業すると良いでしょう。そのため、高校卒業時点では、自身がどのような環境に進みたいのかを決めておくことも、必要になります。

More Detail