どこで学ぶと良いのか|整体師の資格を習得しておけば就職先の幅も広がる

整体師の資格を習得しておけば就職先の幅も広がる

どこで学ぶと良いのか

勉強するレディ

高卒と大卒の違い

看護師になるらめには、高校を卒業することが必要になります。年齢は、関係ありませんので、まずは高校を卒業していることが、前提となります。そして次なる方法に一つに、3年制の専門校に入学することか、もしくは4年制の大学に通うことになります。これらの学校を卒業することで、国家試験の受験資格が与えられることになります。3年制の専門校で勉強することで、国家試験に合格して、資格を取得した後、更に1年間指定の養成学校に通うことで、保健師または助産師の国家試験の受験資格を取得出来ることになります。4年制の大学では、看護の養成課程を学ぶことと並行して、保健師・助産師の教育課程が受けられます。そのことから、この教育課程を学び、単位を修得することで、大学卒業と同時に、保健師または助産師への受験資格も取れることになっています。

大卒が有利になること

看護大学で通う生徒が有利に働くことから、3年制の専門校に対し、最近では4年制の専門学校も出来て来ています。4年間で学ぶことから、この助産師・保健師の教育課程に取り組むことも出来るようになっています。また、専門校と大学の大きな違いは、大学には、一般教養科目と言う授業があります。一般的な教養を高めることで、より大きな人間性を求めることになっています。そのため専門校では、技術の習得に力が入っているのですが、大学においては、患者さんとか疾患の分析なども行なうことで、探求心のある看護師へと育つ勉強もしています。専門学校卒も大学卒も、即戦力として働くことになりますが、大学卒業生の方が、給与も高く、昇進も早い傾向にあると言われます。